レディ

顧客管理はCRMシステムで行なうのが良い|収益を高められる

保管場所や検索性の問題

契約書は年々増加します。これを一元管理するために別途保管場所の確保などをしなければならないのです。しかし契約書管理をデジタル化することによりスペース問題や検索問題などを一気に解決することができるようになります。

窓口を効率化する

一般消費者向けの窓口であるコールセンターは、その業務の品質と顧客満足度の両面を向上させるためにCRMを導入すると良いです。CRMは費用がいろいろ細分化していますが、自社の規模と何を実現させるかを明確にしてから、業者と商談すると良いでしょう。

注文数を上げるための工夫

市場で流通する様々な製品はバイヤーがサプライヤーの開催する展示会に足を運び、受注形式で仕入れを行います。展示会の受注に影響を及ぼすものに展示ブースの装飾が重要と考えられています。展示ブースにテーマを設け、商品の提案が的確にできれば受注数は上がり、展示会は成功するはずです。

顧客との関係強化のために

会社

選定の3つのポイント

CRMはCustomerRelationshipMnagementの略で、顧客との関係を維持・強化させるための管理を意味し、それを実現する仕組みがCRMシステムです。近年は新規顧客獲得のコストは高くつくため、既存顧客との関係を重視し、継続的に収益を上げられる工夫や方策が必要とされている背景があります。CRMシステムの選定基準は、利用目的・使いやすさ・予算で変わります。利用目的は、単純に顧客の会社名・住所・担当部署・担当者程度を管理したいのか、営業履歴や購買履歴なども含めて全社的に共有したいのかがポイントです。使いやすさは、利用者が当該システムを使いこなせるかの見極めが重要です。システムを導入しても、登録や照会する人がいなければ宝の持ち腐れになります。情報システム担当役員とシステム部門は、導入前に情報リテラシーを向上させる教育も必要となります。またPCからだけではなく、出先からタブレットやスマホでアクセスできる仕組みが必要です。なお予算が豊富であれば、自社独自のCRMシステム構築は悪くありません。しかし柔軟性の高いパッケージソフトが出回っているため、通常はその導入で十分といえます。また近年は無料または廉価のクラウドサービスが提供されているため、中小企業でも気軽に導入可能になりました。そのほか既にSFA(営業支援システム)が導入済の場合は、フロントエンドとして情報連携が可能なCRMシステムという視点で、じっくり選定することも大切です。