男女

顧客管理はCRMシステムで行なうのが良い|収益を高められる

注文数を上げるための工夫

展示会

バイヤーの心理を掴む

市場で流通する様々な商品はバイヤーがサプライヤーの開催する展示会に足を運び、先物のサンプル等を展示して注文を取り、販売までに生産を進め、納期までに納品するというかたちがとられます。展示会はバイヤーからすれば先物の仕入れとなります。アパレル販売などでは、各バイヤー(お店の店長やオーナー)が展示会に足を運び、展示してある製品の中から自店舗で売りたいと思う商品を発注します。展示会を開催するメーカー側は、商品のデザインや機能の試行錯誤ののちにサンプル製作をして展示します。展示会での受注数は材料調達やコストパフォーマンスにも影響を与えるため、展示会の成功は重要と考えられるものです。展示会を成功させるためのポイントとして、展示ブースの装飾や展示方法の工夫が必要と言われています。展示品を引き立たせる装飾は受注数を上げると言われており、アパレル企業の展示会では、展示ブースにテーマを設けることが重要と考えられています。夏物衣料であれば、夏をテーマとして海を思わせる装飾でボーダーやマリンブルーのファッションを展示し、冬物衣料であれば、ウインターファッションを意識したテーマで装飾をすることがバイヤーの目を引くはずです。消費者がものを買う場合に注目することが、デザインと機能性が真っ先です。2番目の要素として価格でしょう。服飾品の場合とくに冬物では、温かくて着易いことやシルエットにこだわる人が多く、とくに女性の視点は試着時のかわいらしさやきれいさにこだわります。展示会にテーマを付け、さらにコーディネートを的確に提案できれば、需要が高まるはずです。